訓練校の適性検査

「訓練校の適性検査。

 どのような勉強をすればよいか悩んでいませんか」

 

訓練校の適性検査は、一般的な適性検査とは全く異なりますので、

事前に取り組む事が出来た人だけが、他の受験者に大きな差をつける事が可能です。

 

 

本番そっくりの問題集となっております。
本番そっくりの問題集となっております。

写真

一般には手に入らない問題ばかりです

本番そっくりの問題で点数アップが見込めます

専門家の監修を受け作成されています。


 

事前に問題集をやると大きく点数アップが可能!

なぜ? その理由は適性検査の問題数にあります。

 

訓練校の適性検査の試験は、項目が多数あり、

その項目を順番に解いていきます。

 

各項目には、1分から3分の制限時間があり。

制限時間内では解き終わらない数の問題数が用意されおります。

 

点数アップのポイントは、

「いかに沢山の問題を解く事ができるか」

ここがカギとなってきます。

 

例えば、図形問題の項目や、丸に点を打つ項目など、色々な種類の項目があり、

1項目に1~3分と、制限時間が短く、

時間になると、受験者全員が次の項目の問題に移らないといけません。

制限時間が短いので、問題のやり方に慣れた頃には、次の違う種類の問題に移ることになり、

事前に問題に慣れている人だけが、沢山回答する事が出来るので、

結果、点数にも大きな差が出てきてしまいます。

 

事前に問題に慣れておく事で、スピードアップが図れ、点数がアップします。

 

私共が販売している問題集は、訓練校の適性検査問題に、合わせて作ってありますので、事前の勉強にピッタリです。

 

この問題集を解く事で、項目ごとのパターンを把握し、事前に問題に慣れておく事ができます。

 

この様な方にお勧めです。

 

 

 

適性検査の流れ

適性検査は、検査1~検査12まであります。

検査1つごとに、まずは検査の内容を説明し、練習問題を解いて、本検査へと進んでいきます。

各検査の制限時間は、1分~3分程度で、全部の検査は約50分ほどで終了します。

検査1~検査12まで、上記1と2を繰り返します。

検査12が終われば終了です。

 

 

 訓練校、適性検査対策問題集

ポリテクセンター、職業訓練校の適性検査対策問題集

本番の形に近い問題に、事前に取り組む事で訓練校の合格が近くなるのは当然です。

あなたも、他の受験者に差をつけて、合格をものにしませんか。

  お申込みページへ
  お申込みページへ

 

2,800円 (税込)

 

 

 

 

1.筆記試験対策  

ポリテクセンター、職業訓練校筆記試験対策問題集へのリンク

3.面接試験対策  

ポリテクセンター、職業訓練校の面接試験対策質問集へのリンク

 

 

 

 

 

・公共職業訓練校

・ポリテク

・民間の職業訓練校

ハローワークより紹介がある、訓練校の試験対策問題集を販売しております。

ホーム画面へのリンク
筆記試験へのリンク
適性検査へのリンク
面接試験へのリンク
質問
ポリテク 職業訓練校について
お問い合わせへのリンク
申し込みへのリンク
東京都立訓練校の試験対策問題集へのリンクボタン

 

お申し込み、お問い合わせ後、連絡が届かない方はこちら→

 

 

 


QUOカードプレゼント!
QUOカードプレゼント!

 

 

クレジットカードがご利用いただけます。             

ソリューション画像